エラ (ella®) [ウリプリスタール]

ella.jpg

エラ (ウリプリスタール)は緊急避妊用の経口黄体ホルモン受容体調節剤です。 2009年にヨーロッパ、2010年 には米国にて承認されている薬剤ですが現在日本国内では未承認です。当院では独自に輸入することによって処方が可能 となっております 。安全性は海外にて確認されておりますが国内未承認のため重篤な副作用が発生した場合、国の補償制度等の対象にはならない可能性がありますのでこの点をご了承のうえ処方いたします。 

ノルレボ等、他の緊急品薬は一般的に性行為より時間がたつにつれて効果が落ち、72時間以内の使用が推薦されております。エラは性行為後120時間(5日間)まで効果が落ちることなく使用可能とされております。72時間以上経過してしまった場合はエラの方が効果的であると思われます。

エラの主な作用は排卵の抑制ですが、受精卵の着床を阻止する可能性もあります。 既に妊娠している状態で服用した場合の母体・胎児への影響に関してのデータが少ないため、妊娠中の服用は避ける必要があります。

エラは避妊が失敗した・避妊しなかった性行為後、可能な限り早く30mgの錠剤を1錠服用します。出来るだけ早く使用するのが望ましいですが、最長120時間後まで使用が可能です。重篤な副作用の報告はありませんが、他の緊急避妊薬と同じように頭痛、吐きけ、腹痛、めまい等の一時的な副作用が出ることもあります。また、次の生理が予定より5日ほど遅れることもあります。

エラの処方は診察・薬代を含めて¥9,500(税別)です。輸入品ですのでご希望の方は事前にお電話にて在庫の有無をご確認下さい(03-5432-7177)。