黒須巳之吉

院長の祖父にあたる黒須巳之吉は耳鼻咽喉科専門医として湯河原、そして東京に専門病院を開設し、耳鼻科領域のみならず、日本の医療の発展に努めました。残念ながら両院とも閉院してしまいましたが、当時保険診療が普及するなか、患者に最適な医療を提供するには保険診療では不可能との考えより最後まで自費診療のみでした。院長もその頑固さを少しだけ譲り受け、患者の利益を優先する医療の実践に力を入れておりますが、保険診療に関しては妥協しております。

写真は東京帝国大学医科大学卒業25周年記念の写真帳と昭和11年頃の黒須病院(千代田区永田町)